関節痛で運転もできない

関節痛で運転もできませんでした!?

関節痛で運転もできませんでした!?

 

これまで私は何度も関節痛になりました。

 

仕事での疲れが原因だったのです。
帰り道の運転はとても辛いものでした。

 

運転する事が難しいのです。関節痛が痛くて痛くて、
私は思うように運転もできませんでした。

 

ハンドルを握っているだけが精一杯なのです。

 

一回や二回ではありません。これまでに何度もなった事が
あるのです。

 

そのたびに病院へ行ったり、湿布を貼っていました。

 

治りも悪くて、すぐ治る事はほとんどなかったです。
ひどい時には車を乗らないで、バスで通勤をしていました。

 

関節痛はすぐ治るものではないのです。

 

だから気長に付き合っていかないといけません。
塗り薬などもありますが、私が一番効果があったのは
湿布なのです。

 

湿布を貼るだけで、かなりの効果を感じる事ができています。

 

もちろん仕事だけではありません。運動をした時だって、
たまに関節痛になったりもするのです。

 

そんな時にも、冷やしたり湿布を貼って処置を
していました。治るのには時間がかかって大変なのです。

 

床に座りっぱなしは膝に悪い!?

 

イスを使わない、床に座りきりの生活を1日以上続けると
膝が痛んで仕方無いのですっ!

 

私は自宅の部屋でコタツもイスも使わない生活を
しているので膝の関節に痛みを覚えることがしょっちゅうですし、
1日出かけないでいると膝が痛んでしまいます。

 

やはり人間は日常生活で同じ姿勢を続けるというのは
タブーであり、いくら雨や寒いからといって座ったままの姿勢や
正座を続けることは膝に悪影響を与えるものであります。

 

大昔ならいざ知らず現代においては床に長時間座り
続けるというのは膝や腰に負担が掛かるものであるのは
重々承知しているのです。

 

いかんせん今は冬で寒いので家にいる時は下半身に
布団を掛け、電気毛布を敷いて寒さを凌いでいます。
(コタツは買う気が無いっ!)

 

イスを導入するわけにもいかず胡坐や足を伸ばした状態で
パソコンに向かっているので膝に負担が掛かってしまい
1日でも車に乗って出かけないと膝が痛んで仕方無いのです。

 

人間の筋肉といういうのは同じ状態でいると腱が
固まってしまうものであり、定期的に動かさねばならないもので
あるので寒いからといって1日以上同じ姿勢で過ごしてはいけないものであります。