膝の関節痛を克服

膝の関節痛を克服した体験談

膝の関節痛を克服した体験談をご覧ください。

 

 

膝は関節痛を最も起こしやすい場所だと言われています。

 

 

大抵は年齢を重ねることによって膝関節のクッション部分の軟骨組織がすり減ってくることで、ちょっと歩きすぎたり急に走ったりすることによって負担がかかってしまい関節痛を起こすようです。

 

 

私の場合も普段はあまり運動をしていないせいか、たまに長距離の山登りをしたりするとあっという間に翌日の関節痛が起きてしまうのです。

 

 

関節痛を少しでも感じたらその日は決して無理をしないようにしています。

 

 

痛みのある関節部分をまず丸一日はしっかり冷やすようにして急性の症状をおさえるようにしています。その翌日からは、今度はしっかりと膝関節をお風呂の中で温めるようにしています。

 

 

これで血行をよくすることで軽い関節痛なら数日でしっかりと回復してくれます。

 

 

ですが、こういう状態を何度も繰り返しているといずれ慢性的な膝関節痛になってしまいます。

 

 

そうなると自分で改善策を取ってもほとんど意味がありません。この時点で専門医の診察を受けるしかありません。そして理学療法を受けるなどの治療が必要になるようです。

 

 

関節痛を少しでも予防するためには、日頃から膝関節を支えている周辺の筋肉組織を鍛えることも大切だそうです。なので最近は私はわざと負荷をかけて足の筋トレを行なっています。